2017年09月06日

☆FM三重 防災特別番組「備える!逃げる!」☆

西村尚美ですにこにこ

9月1日の「防災の日」

FM三重 防災特別番組
「備える!逃げる!」がオンエアされました四つ葉

今回も
番組構成をさせていただきました四つ葉

スタジオには
瀧アナウンサーと

認定NPO法人 

日本災害救援ボランティアネットワーク監事で

津市民防災大学実行委員長 

萩野茂樹さん

お越しいただきました顔1(うれしいカオ)


image1.JPG


萩野さんはボランティアとして
九州北部豪雨の被災地にも
足を運ばれました足跡

現地に入ったのは
豪雨から約二週間でしたが
高速道路を下りてすぐの住宅地は
まだほぼ水に浸かっていたそうです雨

このところ
急な大雨が立て続けの日本列島雨

1959年の伊勢湾台風は
当時の人たちに
情報があまりなかったことで
大きな被害となってしまいました

現在は
ピンポイントで天気情報がつかめます当選弓矢

こまめにチェックをして
風雨災害に備えましょう⛈


そして…

防災特番といえば

いつもの
三重大学の川口先生は…???

この日三重県庁で行われている
防災の図上訓練の
評価者ということで
番組は欠席あせあせ(飛び散る汗)

が、なんと️️️

「現場」からの生中継を入れていただきました電話1(プッシュホン)

朝8時半から
南海トラフ巨大地震が発災したという設定での
図上訓練です消防車

図上訓練とは…人差し指サイン

地図を用いて
防災対策を検討する訓練のことです🚁

地図を使うだけでなく
災害対策本部をつくり

関係機関や市町も参加し
いろんな状況が設定され
対応をしていきます電話1(プッシュホン)

もちろん自然災害は
想定外のこともありますが
シミュレーションして
動いておくことは
大切なのです

図上訓練の意義や
訓練の様子など
三重県庁からお伝えいただきました電話1(プッシュホン)

また
今回は
瀧アナウンサーが
三重大学の川口先生指導のもと
熊野市有馬町で行われた
防災訓練を取材しましたマイク

海沿いの町に暮らす方たちは
地震のあとの津波からも
身を守らなければなりません荒波

この地域は
地震のあと
津波がやって来るまで
15分しかありません時計

実際に
避難行動をやってみたからこそ
気づくことも多く

振り返りの話し合いでは
積極的な
住民の方々の意見が聞かれましたメモする

ほかにも
NTT西日本の方にスタジオにお越しいただき
災害への取り組みや

毎月1日と15日に体験利用ができる「災害用伝言ダイヤル」

災害時に設置される
「特設公衆電話」など
ご紹介いただきました四つ葉


さてさて光るハート

FM三重の「防災ハンドブック」
2017〜2018年版ができましたメロディ

ご希望の方はこちらに詳細があります指差し確認右http://www.fmmie.jp/company/2013/03/post-3.php

イラストも多くて
わかりやすいハンドブックですにこにこ

ぜひ
一家に一冊お持ちくださいねOK!2


この防災特別番組は
また来年の3月9日に放送予定ですラジオ

お役に立てる番組となるよう
いろんな
防災に関する情報を
ご紹介させていただきます花見(さくら)花見(さくら)


よろしくお願いいたしますにこにこメロディ

-->
posted by 1to10スタッフ at 23:46| 日記